【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎14ー「コベナンツ」

コベナンツとは、融資の契約の際に取り決められた特約条項のことです。
一般的には、一定の財務目標が定められ、
その目標を達成できなかった場合には、
金利の優遇は取り消された結果、金利が上昇したり、
一括返済を求められたりします。

要するに、金利などの条件で優遇をする代わりに
貸出先に売上や利益のほかに顧客増加数などの
業績のノルマを課しているようなものです。

スポンサードリンク



このコベナンツに抵触したことを理由にした資金の引き上げが
上場不動産会社の倒産多発の一因にもなったといってよいでしょう。
金融機関にとっては、都合のよい融資引き上げの合理的な理由
となったのです。
従来は、金融機関が協調して融資を行うシンジケートローンや
大規模なプロジェクトへの融資に使われることが多かったのですが、
最近はこのコベナンツ付の当座貸越も見られるようになっています。
(金融機関は、当座貸越の取り組み自体に消極的なので、
むしろ新たに当座貸越を組む場合、このコベナンツ付の方が
多いかもしれません)
いずれにしても、世界恐慌の煽りを受けてコベナンツに抵触しそうな
企業はたくさんあるでしょう。
コベナンツに抵触した場合、当然その契約の更新自体がされなかったり、
極度額の大幅減額などのリスクがあります。
もし、そのようなコベナンツ付の当座貸越利用している企業は、
そのような事態を予測して、できるだけ早めに別の資金手当ての
道を模索しておいて欲しい
ものです。
【編集後記】
この融資はすごい!
なんと、金利も保証料も全額補助。
会社負担ゼロの融資だって
新宿区商工業緊急融資
自治体によってはかなり補助をしてくれているところがあるので
自社所在の自治体のWEBは必ずチェックしてください。

本には書けないけど大事なこと|シークレットセミナー音源

・税務調査・節税・金融機関対応・ファイナンス理論
・経済性工学・財務モデル・遺産相続・話し方など

本には絶対かけない顧問先限定のクローズドセミナーならではのホンネをあなたに