「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が7刷25,000部となりました

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ

おかげさまでロングセラーとなりました

2014年2月にかんき出版から出させていただいた「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が再度重版が決定し7刷となりました。

これで発行部数は25,000部。

お読みいただいた方、本当にありがとうございます。

スポンサードリンク

不動産取引に携わる人向けの税金の「基本書」です

「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」というタイトルそのままで、内容は、初学者向けに不動産の税金についてのアウトラインを短時間で掴み取ることを目指して書いています。

そのため、全体像を把握していただくことを主眼に置いておりますので、実際の不動産取引をする上での意思決定や申告をなさる場合には、本書にも記載したタックスアンサーを確認なさると良いでしょう。

マンガ版ではないですが不動産取引を「取得」「保有・賃貸」「譲渡」「相続・贈与」という4つのシチュエーションごとに全編こんな感じのダイアログから始まります。

スクリーンショット 2015-08-06 17.59.34

自分が直面しているシチュエーションについて「税金上どんなことに注意する必要があるのか」を掴み取れるようになっています。

スクリーンショット 2015-08-06 17.59.53

さらに各章ごとに「これを知らないと恥ずかしい」(基礎)「ここまで知っていると信頼される」(発展)レベルの二段階で項目を分けておりますので、不動産の税務全般をスムーズに理解するのであれば、まずは全編「これを知らないと恥ずかしい」という部分だけを通しで読んだ後に「ここまで知っていると信頼される」と読むという方法も良いでしょう。

不動産の販売担当や銀行員などとして不動産取引に関わる方であれば、実務に必要な知識の90%くらいはこれで十分習得できるはずです。

いつ不動産の税金について携わることになっても良いようお手元に一冊置いてはいかがでしょう。

本には書けないけど大事なこと|シークレットセミナー音源

・税務調査・節税・金融機関対応・ファイナンス理論
・経済性工学・財務モデル・遺産相続・話し方など

本には絶対かけない顧問先限定のクローズドセミナーならではのホンネをあなたに