長引くコロナ禍、しばらく「節約モード」は必要だが

さて、私が所属しているアライアンスLLPでは傘下会計事務所のお客様向けに毎年セミナーを開催しております。

本年も7月にセミナーを開催させて頂くことになりました。

なお、今回も新型コロナウィルスの影響を鑑み「オンラインセミナー」として開催をいたします。

 

「やってみてわかった!ホントに得するお金の拾い方」

ー節約嫌いでめんどくさがりやのための錬金術ー

 

  お申込みはこちらへ 

 

さて、ワクチンの接種が始まるなど、ようやく解決への光が見え始めた新型コロナ禍。

しかし、元の暮らしに戻るには、まだまだ時間がかかると言われています。

仮にコロナが早期に収束したとしても、これまでの損失を穴埋めするための借金が嵩んでいる企業も多く、さらに、未曾有の財政支出を回収するための増税も今後されるのではないかと予想されています。

それらが足かせとなるため、我々の「手取り」がすぐにV字回復するというのは難しいでしょう。

一方で、異常なほど緩和されたコロナ緊急融資のおかげで、社長の中には、目の前のお金に困らないために危機感が薄れ、コロナ禍でむしろ財布の紐が緩んでしまった人も多いのでは?

緩んだ財布の紐の締め直すためにも、支出については見直し、しばらくは、緊縮・節約モードに切り替えていかねばならないでしょう。

財布の紐の緩みがちな人ほど節約はできない

しかし、現実には、そんな「お金があればあるだけ使い道を考えてしまう人」ほど節約などできないものです。

いくら節約が必要だと言われても、チラシでバーゲン品を探したり、毎日家計簿をつけたりしますかね?

節約もできない、手取りもすぐには増えないのであれば、今まで見過ごしていた”落ちているお金”を丁寧に拾い集めるしかないのでは?

「あー、ポイント還元がどうとかいうやつか。あんな面倒なこと器の小さい人間のやることでしょw」

確かに、私達もそう思っていました。

ところが、実際にやってみたら、これがドハマリ。

今まで、こんなに目の前にお金が落ちていたのに、そのまま素通りしていたのかと愕然としたものです。

そりゃ、大してお金を使わない人は効果も小さいですよ。

でも、社長のようなお金の決済権の大きい人ほど得するお金の額も大きいものなのです。

中には、億単位の広告費の決済をクレジットカードですることで、何度もタダでファーストクラスの旅をする人もたくさんいますから。

そこまでいかなくとも、私達だって、ちょっと決済方法を見直しただけで、

 ・ビジネスクラスで海外へ、リゾートホテルもタダ

 ・国内5箇所のリッツカールトンは無料宿泊で制覇

 ・あるサイトを経由するだけで旅行代金の20%還元

 ・クレカ決済するだけで上限なしで3%ポイント還元

などなど、これだけのメリットを短期間に受けてきましたから。

そして、いろいろな人の話を聞いて気がついたのは、お金に困っていない人ほどキッチリと落ちているお金は拾っているのに、本来、落ちているお金を拾わねばならい人ほど、お金を拾いそこねているということなのです。

そこで今回は、

 ・浪費癖が治らず支出には無頓着

 ・面倒なことは大嫌い

 ・ポイント還元なんて小さい人間のやることだ

と思っていた私達のような人のために、「50円割引クーポン」を毎日漁るようなことはせず、ちょっとした工夫だけであとはオートマチックにお金を拾い上げる「ほったらかし錬金術」をお伝えしたいのです。

そんな情報はネットを探せばいくらでも出ているけど

「いやいや、そんな情報はネット記事やYoutubeでいくらでも出ているだろw」

確かにそうです。私達のネタ元だってみんなネットですから。

では、お聞きしますが、あれだけ大量にあふれるアフィリエイトべったりの情報の中から、本当に自分に最適なものを見つけられるんですかね?

もちろん、すでにできている人は、私達の話を聞く必要はないです。以下は読まなくて結構。

でも、私達もそうでしたが、実際にはそれができていない人のほうが多いのでは?

そんな人達も今から時間をかければ自力で知ることもできるでしょうが、それにはどれだけの時間がかかるのでしょう?

少なくとも私達はこのセミナーをするために膨大な時間を掛けて調査と検証をしてみましたよ。

そこで、今年のアライアンスLLPセミナーでは「落ちているお金の拾い方」をテーマに、4人で一年間、ネットであふれる情報を一つ一つ実際に試してみた結果、本当に役立つものだけをおすすめしたいのです。

ひょっとしたら、それはすでにあなたが知っているものかもしれません。

でも、別に「どうだこれは知らなかっただろ、俺たちはこんなことまで知っているんだぞ」という「ニッチな情報でマウンティング」をしたいわけじゃないんですよ。

そんな手間の割に大した金額にならないようなことを「時給の高い」あなたにおすすめしたくないですもの。

そういうのは、それこそ、使うお金も少ない「器の小さいやつ」にやらせておけばいいでしょう。

私達がやりたいのは、あなたが、無駄な時間をかけることなく、最短ルートで結論だけをつかめるよう代わりにモルモットになりましょういうことなのです。

ただ、税理士が4人も集まって、お得なポイントの集め方を紹介するだけじゃ、大した意味もない。

その拾ったお金の得する税務処理についても、税理士の視点から、表で大きな声では言えないホンネをぶちまけてやろうかなと。

そのため、今回は、

 第一部:「ピュアホワイト」な落ちているお金の拾い方

 第二部:良い子は真似しちゃいけない「グレー」な税務放談会

の二部構成で、お申し込みを切り分けた上でお届けしようと思います。

このセミナーにご参加いただければ、あなたも緊縮・節約時代の中、楽しみながら今まで見過ごしていたお金の拾い方を身につけ、お金持ちほど実践している「お金の感度」を飛躍的に引き上げることができるようになるでしょう。

  お申込みはこちらへ 

こんな人におすすめ

 

・コロナ禍でも浪費癖が治らず、お金の使い道を探す経営者

 

・コンビニで毎回ポイントカードを出せない面倒くさがり屋

 

・Youtubeであふれる情報を見続け、うんざりしてやめた方

 

コンテンツ

 

<第一部>「ピュアホワイト」なお金の拾い方

 

 

・結論は、社長が使うべきカードはこの2枚+αで十分

 

・ホントに知ってるの?今さら聞けない「楽天経済圏」フル活用

 

・こんなものまで?建設機械をクレカで買ってハワイ旅行に!

 

・3%還元の終わったVISALINEPayカードの使いみち

 

・ガソリンスタンドカードって本当に作る意味があるのかな?

 

・SPGアメックスにはないアメックスゴールドでの窮地の資金繰り

 

・これだけは忘れずにやるべき固定費カード払い10選

 

・出張旅費規程での節税の現実。税務署が見ているのはそこじゃない

 

・会社の経費精算でポイントをもらったら横領になるのか弁護士に聞いてみた

 

・ポイントも貯まる税金のクレカ払い、ホントにお得なのか再検証

 

・クレカ+クラウド会計で領収証原本保存不要に。個人カードでもいいの?

 

・QRコード決済は、結局◯◯Payにしておけばいいんじゃないの?

 

・クレカ、電子マネー、QRコード決済、どれから使えばいいの?

 

・詐欺だらけのポイントサイトの中、使っても良いのはこの2つかな

 

・チッちぇえけど嬉しい、金券ショップで印紙の消費税をケチる裏技

 

・急な出張なら、航空券はマイルよりも株主優待券のほうがいい

 

・あれ?スカイコインで航空券を買ったら、領収証は出るのかねw?

 

・「還元率100%超え」「訳あり」のふるさと納税、写真と現物を比べてみた

 

・おい、ふざけんな!二度と寄付しないと誓ったあの市区町村

 

・ふるさと納税サイト、時間があるならここで、時間がないならここで

 

・楽天リーベイツで、アフィリ、クレカ、ショップポイント三重どりも

 

・埋葬費以外にもある!役所が教えてくれない「もらえるお金」

 

・認知度低すぎ!高額療養費を知ることで無駄な保険をカットせよ

 

・安全確実!社長が会社からもらっても無税なお金

 

・あなたの自宅の借り上げ社宅家賃、ホントに計算してみたの?

 

・もう厚生年金は、「長生きしすぎリスク」への「トンチン保険」だろう

 

・厚生年金、繰り上げ受給、繰り下げ受給の損益分岐点

 

・イデコは「掛金全額所得控除だから節税」というポンコツには相談するな

 

・イデコの加入年齢延長でもらい方を間違えると節税効果は吹き飛ぶぞ

 

・やってはいけない!これじゃ金を拾おうとして財布を落とすようなもの

 

<第二部>良い子は真似しちゃいけない「グレー」な税務放談会

 

・もっとうまく会社から無税でお金を貰う方法ないのかなあ

 

・ふるさと納税の返礼品って確定申告しないといけないのかなあ

 

・クレカポイントに課税されるのを防ぐ方法はないのかなあ

 

 などなど時間の許す限り勝手気ままに

 

講 師

 

鈴木税務会計事務所代表 

税理士 鈴木 克俊

1968年生まれ。税理士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、システムアドミニストレータ。

明治大学商学部卒業。1993年、25歳で税理士試験合格、翌年税理士登録。本郷公認会計士事務所 (現 辻・本郷税理士法人)、 河原会計事務所勤務を経て、96年、28歳で鈴木税務会計事務所開設。

現在、鈴木税務会計事務所代表及びアライアンスLLPパートナー。筑波大学大学院ビジネス科学研究科に科目等履修生として合格し、租税補佐人制度に備え 「民事訴訟法」「租税手続・争訟法」を受講。当アライアンスLLPにおける税務訴訟事案のチームリーダーも務める。

キャッチフレーズは「目指せ!何でも屋」。 全てのクライアントと直接自身が対応することを信条とし、「顔の見える関係」によりクライアントから の信頼を築くことで、税務会計以外の日常的な相談にまで応じている。 得意分野は相続税対策コンサルティング、現金商売の適正な税務申告および税務調査対応。クライアント密着型の事業スタイルが着目され、業界誌での取材経歴も有する。

なお、著書に「図解でシッカリこれならわかる決算書」「ボックスを使えば会計はこんなにカンタン!」 (ともにアニモ出版)などがある。

 

天野伴税理士事務所代表

税理士 天野 伴

1978年生まれ。税理士。専修大学大学院商学研究科修了。

2005年、26歳で税理士試験合格、2008年税理士登録。

税理士法人平成会計社等の勤務を経て、2011年、当時33歳で天野伴税理士事務所開設。現在、同事務所代表及びアライアンスLLPパートナー。

独立後は、一般企業の税務申告に加えて、マニュアル・チェックリスト作成による「誰でもできるレベル」までの業務の改善や効率化、仕組み化を得意とする。海外の飲食店からIT企業に至るまで、様々な業種で、単身現場に乗り込み、自ら業務を体験した上でアルバイトのみで運営のできる仕組みの設計をするなど、業務改善分野での劇的な功績を多数有する。

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社にて、「仕組み構築スクール」講師も担当。「日本経済新聞」「日経マネー」誌等での取材や、J-WAVE等でのラジオ・イベント出演などの実績も多数。

著書に自ら編み出したメソッドをまとめた「一行家計簿」(ダイヤモンド社)がある。

 

生田目宗忠税理士事務所代表

     税理士 生田目 宗忠

1977年生まれ。税理士、ソフトウェア開発技術者、ビジネス法務エキスパート。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。

株式会社NTTデータで7年間システムエンジニアとして官公庁のシステム開発に従事した後、会計業界に転進。

税理士法人平成会計社などで中小企業から上場企業まで幅広い分野の税務申告業務や企業買収、事業再生に従事する傍ら、前職で身につけたプログラミング能力を活かし、ボタン1つで振込・経理処理が完結する経理システムを自作。その後も業務改善を突き詰め、顧客のみならず自社の業務改善にも寄与するシステムを多数生み出した。

2009年税理士試験合格。2012年、34歳で生田目宗忠税理士事務所開設。現在、同事務所代表及びアライアンスLLPパートナー。

独立後は、システムエンジニア時代に培った合理的な業務設計能力を駆使し、最小の労力で最大のパフォーマンスを上げる経理システムを構築する「経理システムデザイナー」として、中小企業から上場企業子会社まで経理システムの見直しで汗をかく。特に、入力作業を極力省く自動化処理の提案で、顧客の飛躍的な業務改善に力を発揮し、「自動化の鬼」の異名を持つ。

 

吉澤税務会計事務所代表

     税理士 吉澤 大

1967年生まれ。税理士。

明治大学商学部卒業、 國學院大學大学院経済学研究科博士前期課程修了。大学院在籍中に國學院大學公開講座講師を務め、本郷公認会計士事務所(現 辻・本郷税理士法人)勤務を経て、 1994年、当時26歳で吉澤税務会計事務所開設。

現在、同事務所代表、株式会社トータル・マネジメント・コンサルティング代表取締役及びアライアンスLLPパートナー。「潰れない会社づくりに寄与する」ことをミッションとし、税務・資金調達という自身の専門分野で種々の難問に取り組む「中小企業のファイナンス用心棒」。

加えて、法務やIT、不動産有効活用、マーケティングやPRなどの諸問題についても、多面的に構築した専門家ネットワークによる問題解決をすることで、お客様の「全体最適を考慮した安定成長」に寄与している。

「プレジデント」「日経ビジネスオンライン」「週刊ダイヤモンド」「日経産業新聞」「アントレ」など各種メディアでの取材・執筆や金融機関などでのセミナー講師としても邁進中。現在、「日経トップリーダー・トップの情報CD」でレギュラーコメンテーターを務める。

著書にシリーズ38.8万部突破の「会社の数字に強くなる!」(ディスカヴァー21)、「会社の財務」(日経BP社)、「つぶれない会社に変わる!社長のお金の残し方」「儲かる会社にすぐ変わる!社長の時間の使い方」(日本実業出版社)、「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」「はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑」(かんき出版)、「27歳知識ゼロから25分でわかる決算書入門」(中経出版)などがある。

 

開催要項

 

◆日  時7/16(金)

 

◆時  間:14:00スタート

 

 第一部:14:00ー16:30

 

 第二部:16:30ー17:00

 

*ともに延長の可能性あり

 

◆形  式:Zoomによるオンライン配信のみ(会場開催はありません)

 

◆料  金:

 

 第一部のみ:6,000円

 

 第一部+第二部:8,000円

 

◆早期申込特典:

6/16(水)23:55までにお申し込みをいただき、実際に「第一部+第二部ご参加の方」への特典として

吉澤税務会計事務所主催クローズドオンライン勉強会「メンターは探すな、育てろ!天野伴式プロ子分養成講座」

(9/8開催、音源を19,800円で販売予定)「無料」ご招待致します。

 

それでは、7/16にお会いできることを楽しみにしています。

 

  お申込みはこちらへ 

 

<ご注意ください>

 

1,セミナー代金のご入金については、お申込み確認メールに記載された口座にお振込み頂きますようお願いいたします。

なお、誠に申し訳ございませんが、振込手数料についてはご参加頂く方にご負担頂きますようお願いいたします。

 

2,メール送信後7日以内にご入金が確認できない場合には、その時点でキャンセルされたものと致します。ご参加頂く場合は恐れ入りますが再度お申し込みをお願い致します。

 

3,開催1週間前までのキャンセルについては、後日返金いたしますが、誠に勝手ながらそれ以降のキャンセルにつきましては返金いたしかねます。

 

   お申込みはこちらへ 

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を