繰上返済特集:その4-自宅の減価償却費と固定資産税を損金にする方法

前回は、「どうしても損金にならない金利を支払うのはイヤだ」
と言う方向けに、オススメの住宅ローンをお知らせしました。
今回はさらに住宅ローン金利だけでなく、
自宅の減価償却費と固定資産税も損金にする
方法
をこっそりお教えすることにしましょう。
答えは簡単です。
法人名義で自宅を購入すると言うことです。
その上でその家を社宅として
オーナーに貸し付けてもらいます。

その場合、支払った金利、
固定資産税そして減価償却費も当然法人の損金となります。
一方、タダでその家に住んでしまうとオーナーは
家賃相当額を会社からもらったことになってしまいます。
しかし、その場合でも、
一定の金額以上の家賃を徴収していれば、
たとえ相場家賃との間に差額が生じていた
としてもオーナー個人にその分の
所得税が課税されることはありません。

この一定の金額は国税庁が定めていますが、
非常に計算式が煩雑です。
およその数値でお話しすると
だいたい相場家賃の10%程度といってよいでしょう。*
そうなると、結果的には、
相場家賃の10%を支払うだけで、
購入した住宅の支払金利と減価償却費や
固定資産税を損金算入することが可能
になるのです。
<ご注意>
個人名義の自宅を一旦会社に賃貸し、
再度オーナーに社宅として転貸しても
この規定は利用出来ません。
また、個人名義の自宅を
法人に売却する場合には、
譲渡所得税やその他の付帯費用が必要な場合もあります。
要するに、はじめから法人で自宅を購入した方が
得だと言うことですね。

スポンサードリンク




「公務員の官舎の家賃は相場の
数分の一でとんでもない!」とお怒りの方々。
実は民間だって大手企業は同じような
社宅家賃の水準だし、
オーナーの皆さんもこのようにすれば
こんなメリットを得られるのですよ。
これなら満足いただけたましたでしょうか?
ただし法人でローンを組む場合、住宅ローンよりも
金利や期間で不利になることがある
のでご注意を。
なにせ、住宅ローンほど有利なローンはないのです。
「フラット35」を利用すれば、
35年間固定金利ですよ。
そんな事業資金融資なんてまずないですよね。
お金持ちになる前に
「まずは潰れない」ことの方が大切でしょう。
それには何としても
キャッシュバランス(預金残高)
を上げておくことが大切なのです。

*木造で132平方メートル、
鉄筋で99平方メートル以下の場合を想定しています。
なお、金額はあくまでも目安です。
実際には所得税基本通達36-40、
34-41に基づいて計算して下さい。
<参考文献>
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法

うちのサイトでアクセス数が常にTOP!(大したことないけど[emoji:e-263])
借り上げ社宅家賃はいくらですか
はこちら

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を

繰上返済特集:その4-自宅の減価償却費と固定資産税を損金にする方法” に対して4件のコメントがあります。

  1. 徳留新人 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ふむふむ。。。
    って、ことはこれもモルモットで実験済みですね・・・(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このシリーズを読んで、住宅ローンをもっと借りとけばよかったなあとちょっぴり後悔。
    頭金を手ガネ[絵文字:v-88]にしとけば良かったんでしょうか?
    でも、手ガネがあったらあったで、ムダに使っちゃうから良しとするか!

  3. ヨシザワ@手ガネ経営 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>徳留さん
    賃貸時代は、法人の社宅にしてたね。[絵文字:e-263]

  4. ヨシザワ@手ガネ経営 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>大林さん
    確かに手ガネがあると無駄遣いしちゃうので
    お金が貯まらないと言う人もいますよね。
    ただ、事業家の場合、新規事業への
    投資も含めて選択肢を増やすためには
    ある程度の無駄も必要かと私は
    思っています。
    まあ、うちは無駄ばっかりですけどね。[絵文字:e-263]

コメントは受け付けていません。