話し方

第一回のテーマは「尊敬される話し方、バカにされる話し方」

自分の考えを他人に伝えるスキルに「書くこと」と「話すこと」があります。

「書くこと」は、多くの人に届き、書き続けることでジワジワと時間をかけて評価される傾向があります。

一方で「話すこと」は目の前の人だけではありますが、一瞬でその人の評価を逆転させるだけの強烈なパワーがあるのです。

それこそ、頼りないと思われていた後継者が、たった一回のスピーチで「あの人に任せておけば会社は安心」と思われたり、

逆に普段は豪放磊落を売り物にしていた社長が、しどろもどろのスピーチで一気に信頼を失ったりすることも珍しくありません。

そして、人前で話をする機会というのは、歳を重ね自分のポジションが上がるに連れてドンドンと増えていくのです。

また、顧客を獲得するために講演を行いたいと言う人もいるでしょう。

そのような方が絶対にやってはいけないことがあります。

それは「場数を踏めばうまくなる」と考えることです。

確かに、経験を積むことで講演はうまくなります。

しかし、最初にうまく話せず講演を失敗した人に「慣れていないから仕方がないですね。次は頑張ってください」などという依頼をする人はいないのです。

そんな考えの人は場数を踏む前にこの世界から退場させられてしまいます。

中には、講演というとワンシートのメモ一つで聴衆を魅了するようなカリスマ講師に憧れる人もいるでしょう。

しかし、それを素人がやろうとすると「寒い漫談」になるのが落ちです。

「次の講演に繋げる」には、まずは受講した人に的確にコンテンツ(内容)を伝えることから始めなくてはならないのです。

私は、学生時代から塾講師や大学の公開講座の講師をし、その際にこのコンテンツを的確に伝える方法については徹底的に叩き込まれて来ました。

実際に人前で話した時間は3000時間を超えることになります。

それでも、あえて人前で話すスキルをプロから体系的に学ぶために日本最大級の話し方教室の門をたたき、そこでの500人の前で行うスピーチコンテストでも優勝を致しました。

私は税理士業務をより円滑に行うためにたくさんの講座を受講しましたが、実はその中で「一番お金になった」のはこの「話し方」の講座なのです。

今回はここで習ったスキルのエッセンスをみなさんにお伝えしようと思います。

■コンテンツ

・これだけは知っておきたい!伝わる話、最強の「型」

・絶対に人に聞いてもらえるテーマとは

・人前であがらない公式、それは「緊張<◯◯」

・誰でも講演の満足度を一気に上げるたった一つの工夫

・興味を引きつける3つの小手先テクニック

・「マジックナンバー3」とは?

・ファシリテーションと研修の板書の違い

・講師初心者が陥る「3つの罠」とは?

・一回罰金1000円!癖になった「◯◯」を取り除け

・話術は「間術」。「3つの間」で聞き手をコントロールせよ

・悪用禁止!人を動かす心理説得の鉄則

商品概要

■収録時間:約120分

■料 金:19,800円(税込み)

■販売内容:セミナー音源+レジュメ一式

■お申込み:こちらのフォームから

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を