会社はいつ設立していつを決算期にすれば良い?

会社はいつ設立するのが良いのか?

これから事業を起こす人からのご質問で多いのが「いつ会社を設立したら良いのか」というものです。

そこで今回は、これから法人の設立を考えている方のために「法人を設立するのであればいつがよく、いつを決算とすればよいのか」を考えてみようと思います。

続きを読む

「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が7刷25,000部となりました

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ

おかげさまでロングセラーとなりました

2014年2月にかんき出版から出させていただいた「2時間で丸わかり不動産の税金の基本を学ぶ」が再度重版が決定し7刷となりました。

これで発行部数は25,000部。

お読みいただいた方、本当にありがとうございます。

続きを読む

【専用ソフトいらず】法定調書や源泉徴収票をパソコン上で作って提出をしたいなら

1月末までに法定調書の提出が必要です

前年中に支払った一定金額以上の給与や不動産の地代家賃などの金額を相手先ごとに記載した帳票を作成し、1月末日までに税務署に提出をしなくてはなりません。

ただ、税務署から送付されてくるこれらの「法定調書」の用紙が少なく大抵足りないんですよね。

税理士は法定調書作成ソフトなどで作成しているので問題はないですが、税務署に依頼していない方は困ることも。

そこで、今回は、法定調書作成ソフトがない場合の法定調書提出方法について説明したいと思います。

続きを読む

多額の退職金が支給される大手企業の社員や公務員にとって個人型確定拠出年金はそれほど得じゃない

加入対象者拡大で注目を浴びる個人型確定拠出年金だが

加入率が0.5%と全く認知されていなかった個人型確定拠出年金ですが、平成29年より加入対象者が現役世代のほぼ全員に拡大されたことで注目が集まっています。

制度としては良いものだと思うので、お客様にもオススメをしているのですが、よく考えると「今回の対象拡大により新たに加入できるようになった方にはあんまり得じゃないかもしれない」ということを通じて「個人型確定拠出年金のリアルな節税効果」を追求してみようかと。

ああ、今回新たに加わった専業主婦は、そもそも何のために加入するのかわからないので考慮していません。

続きを読む

訪問看護やデイサービスなどの介護費用は医療費控除の対象となるの?

kaigo_syokujikaijo

医療費以上に高額となることも多い介護費用

一年間で掛かった医療費について、一定金額(概ね10万円)以上の部分については、「医療費控除」として所得金額から差し引くことが可能です。

この医療費控除の対象となる医療費は、本人の分だけでなく、生計を一にする親族の分についても合算をすることもできます。

身内に認知症などの高齢者を抱えている方であれば、デイサービスなどの介護費用が多額となっていることもあるでしょう。

では、この介護費用は医療費控除の対象となるのでしょうか?

今回は、介護費用と医療費控除についてまとめてみます。

続きを読む

法人税や所得税、消費税などもクレジットカードで支払えるようになりましたよ

国税をクレジットカードで納付する

公共料金だけでなく自動車税や住民税、固定資産税などの地方税については、既にクレジットカードで納付をすることができます。

そして、平成29年1月4日から法人税・所得税等の国税についてもクレジットカードでの納付が可能となりました。

そこで今回は、クレジットカードでの納付のメリット・デメリットについてまとめておこうと思います。

続きを読む

【New】クローズド勉強会の音源2本を新規公開致します

2013-03-19 15.15.31

「財務モデル入門」そして「税務のさじ加減」。

顧問先限定のクローズドの勉強会が好評により、いつしか人数も増え、既に13回も開催させていただいております。

実は、本には書くことのできない「実務家のホンネ」をクローズド故に好き勝手に話をしているこの勉強会の音源をそっと販売させていただいておりました。

今回、新たに

第12回「はじめてのExcel財務モデル」

第13回「どこまでならOK?税務のさじ加減」

という2回分のセミナー音源をラインナップに加えました。

他ではあまり聞くことのないものだと思います。

年末年始の休暇にお聞きになってみれば、新年から絶好のスタートダッシュがきれることでしょう。

勉強会ラインナップ・ご購入はこちら

 

予定申告の金額が「前期の年税額の半分」から微妙にズレる理由ー正しい予定申告額の計算方法

calculator-1044173_1280

一定金額以上の納税を前期にすると中間申告の必要性が

法人税では20万円超、消費税(地方消費税は含まず)では48万円超の年税額となると、その翌期について6ヶ月を経過した時点までなどを事業年度とみなして「中間申告」をしなくてはなりません。

その場合、原則として前期の納税額の”半分相当”の金額をその事業年度の課税標準として納税額を計算する「予定申告」という方法が認められており、大抵はこの方法により納税をしています。

ただ、この予定申告による納税額が「前期の年税額の半分」から微妙にズレていることもあります。

特に消費税は国税分と地方税分にも別れるのでイマイチ計算結果にピンとこないことも。

今回は、「なぜ予定申告の税額が前期の年税額の半分にならないことがあるのか」という素朴なギモンに答えます。

続きを読む

会社と社長との貸し借りの利息はどれくらいもらえばいい?

つぶれない会社に変わる! 社長のお金の残し方

会社のお金も社長のお金も左右のポケットの違いしかない

オーナー経営による中小企業の場合、会社のお金と社長個人のお金というのは、現実には、預金の名義が違うだけであり、お金が足りなければすぐに充当するなど、左右どっちのポケットにお金が入っているかくらいの違いしかないです。

結果的に、会社と社長個人のお金のやり取りも多くなり、会社から見ると社長からの借入金、社長への貸付金が生じやすくなります。

通常、お金の貸し借りについては、利息が発生します。

では、会社と社長個人とのお金の貸し借りについての利息の利率はどれくらいにすればよいのでしょうか?

今回はその点を見ていきましょう。

続きを読む

修繕費と資本的支出を分けるフローチャート

2016-03-29 14.39.27

修繕費か資本的支出かは判断が難しい

税務調査でよく揉めるものに、「修繕費と資本的支出」というものがあります。

修繕費とは維持管理のために必要な金額であり、資本的支出とは価値が増加した部分の金額のこと。

ただ、工事などで支出した金額のどこまでが価値を維持するためのものであり、どこからが元々よりも価値が増加したものなのかと言うのは、判断がつきにくいものです。

そこで、今回は、修繕費と資本的支出はどのように分ければ良いのかを順を追って見ていくことにします。

続きを読む

小規模企業共済の節税効果は掛金が所得控除されることというのは実は間違いー全額損金を過大評価して損をするな

teinen_man

オーナーの退職金準備として人気の小規模企業共済だが

退職金制度のない個人事業主や中小企業経営者の退職金の準備が節税しながらできると人気の「小規模企業共済」

その節税の仕組みは「掛金の全額が所得控除の対象となること」と説明されます。

ただ、この説明がどうも腑に落ちない。そこで、小規模企業共済の本当の節税効果とは何なのかを生命保険による役員退職金の準備プランと比較しながら考えてみようと思います。

続きを読む

【御礼】「図解・会社の数字に強くなる!」が合わせて198,000部となりました

意外と分かっていない人のための 会社のお金の常識41 (マジビジPRO)

「会社の数字に強くなる!」の書店版が再度重版

ディスカヴァー21さんから出していただいた「会社の数字に強くなる!」の書店版「意外と分かっていない人のための会社のお金の常識41」が増刷され5刷50,000部となったようです。

この本のコンビニ版と合わせて合計で198,000部に。20万部突破も目前です。

「10,000部売れるとヒット」と言われる時代にものすごい部数となってきました。

続きを読む

【超速報】平成29年度税制改正大綱まとめてみました

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-12-48-18

本日発表された税制改正大綱をまとめました

さて、本日、平成29年度税制改正大綱が発表されました。

主に個人の生活と中小企業経営に関わるものをピックアップしてみました。

速報版なので、ミス等ありましたらご指摘いただければ幸いです。

続きを読む

節税好きの社長が毎月分配型ファンドなんて買う意味がわからん

entrepreneur-1340649_1920

毎月分配型ファンドが人気だが

今まで余剰資金は定期預金にばかりしていた人に対し、はじめての投資信託として薦められることが多いものに以前はやった「グローバル・ソブリン・オープン」のような毎月分配型ファンドと言うものがあります。

毎月分配型ファンドはその名の通り、毎月分配金が支給されるので「足りない年金を補填するじぶん年金」のように言われ、特に高齢者に人気があるようです。

ただ、資産運用としては、この毎月分配型は不利な面が多いあまり得ではない商品だと言えます。

そこで今回は毎月分配型ファンドのどこが不利なのか、分配されたお金って何なのかを考えてみようと思います。

続きを読む

「税務のさじ加減」の勉強会にご参加いただきありがとうございます

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-18-51-39

あまり大きな声では言ってはいけないホンネをクローズドゆえに

お客様とお世話になった方限定のクローズドの勉強会を3ヶ月に一度開催してもう13回目になります。

大変たくさんの方にご参加いただきまして誠にありがとうございました。

今回は私の久しぶりに本業である「税務のさじ加減」というテーマです。

あまり大きな声で言うと怒られそうな話を、クローズドの会なので大公開。

ちなみにこんな話をいたしました。

続きを読む

マイナンバーの通知カードを失くしてしまったがすぐに番号が知りたいなら

スクリーンショット 2015-08-13 14.53.18

年末調整と給与支払報告にマイナンバーが必要

平成28年以降の税や社会保障関連の書類には個人のマイナンバーの記載が求められています。

社会保障関連は、入社・退社など特別な機会に必要になりますが、個人の税金については、所得税と住民税の申告が必要な人は、毎年誰もがマイナンバーの記載を求められます。

給与所得者は、年末調整と給与支払報告として、会社がこの所得税・住民税の申告は(簡易的に)代行をしてくれますので、この時期に会社にマイナンバーを提出することに。

しかし、中には既にマイナンバーの「通知カード」を失くしてしまったという方もいるでしょう。

そこで、今回は、マイナンバーの通知カードを失くしてしまったらどうすればよいのかについて話をしてみます。

続きを読む

銀行員が読む「粉飾決算の見抜き方」の教科書から学ぶ、銀行が決算書を疑うポイント

コツさえわかればすぐ使える 粉飾決算の見分け方

銀行員向けのテキストは街でフツーに入手できる

銀行研修社、きんざいなどの出版社から出されている銀行員がその基礎スキルを学ぶための”教科書”は、都心の大手の書店であれば一つのコーナーになるほど多くのものが並んでいます。

融資渉外や財務、税務などの検定の教科書などから信用保証の取り扱い、果てはセールストーク集まで。

それらを読むと、銀行が融資をする際にどんな行動原理で物事を判断しているか、決算書をどの様に見ているのかなどを知る手がかりになるでしょう。

さて、融資を申し込む企業の決算書の中には、融資審査で有利になるよう何らかの粉飾が加えられていることもあります。

それをそのままで判断していては、正しい与信管理ができないので、銀行もそれらの粉飾を見抜き、真の姿に補正をした上で融資可否の判断をしています。

そこで、今回は「銀行員向けの粉飾決算の見抜き方」のテキストから銀行がどんなことに注意しながら会社が提出した決算書を見ているのかを学んでみようと思います。

続きを読む

年末調整だけでは済まずに確定申告しなくてはいけない人、確定申告をしたほうが良い人

PAK85_kakuteishinkokuyabai20140312233602_TP_V1

年末調整とは会社が代行する「簡易確定申告」

毎年12月になると、1年間の給与所得から生命保険料などを控除して、所得税の年税額を計算し、それまで毎月の給与から差し引かれていた源泉徴収税額との差額を精算する「年末調整」が会社で行われます。

あわせて、翌年1月には、給与を得ていた人の住所地の自治体に「給与支払報告書」の提出も行われます。

これらは「従業員の簡易な確定申告を会社が代行してくれている」ようなものです。

ただ、年末調整そのものの対象にならなかったり、仮に年末調整をしたとしても、さらに確定申告をしなくてはならない場合があります。

また、確定申告をする義務はないものの、確定申告をすることで得をするので確定申告をした方が良い人もいます。

そこで、今回は、給与所得者であっても、確定申告をすべき人、した方が良い人についてまとめておこうと思います。

続きを読む

確定拠出年金ならばどのくらい運用で元本割れをしてもトータルで損をしないのか?

piggy-bank-1446874_1920

節税メリットの多い確定拠出年金だが損をするのが嫌いな人には

掛金は全額所得控除等の対象で運用益は非課税な上に受け取った時には退職金や公的年金等として税負担が少なくて済むなど税制上の恩典の多い確定拠出年金。

ただ、「儲かった時の節税メリットが大きい」と言ったところで「損をするのが大嫌いな人」にはあまり響かないものです。

そんな方は、その「節税効果は確定拠出年金をすることで得をしたお金なので、その分までは仮に運用で失敗してもトータルで損をしない」と考えてみるのはいかがかなと。

そこで、今回は「損をするのが大嫌いな人」向けに、確定拠出年金であれば、どのくらいの運用による元本割れあればトータルで損をしないのか、そしてどのレベルのリスクの商品であれば投資を検討してもよいのかを見ていくことにします。

続きを読む

資金運用表で会社のお金の増減理由をシンプルに把握する

profit-1139013_960_720

利益が上がっていても金なんかないよ

「決算書には利益は上がっているものの、そんな金などどこにもない。一体、金はどこに消えたのだ?」と社長からよく聞かれます。

一言で言えば、決算書で表示される利益が「収益−費用」で計算されるのに、実際の金の流れは「収入ー支出」であるため、それらの誤差により「利益があっても金がない」という状況になるのです。

では、稼いだ金はどこに消えたのか?

それを把握するためにはどうしたら良いのかを見ていきましょう。 続きを読む

役員退職金はいくらまでなら払ってよいの?ー功績倍率という理不尽な基準にどう挑むのか

ケチな社長はなぜお金を残せないのか?

最大の節税効果を生む役員退職金支給だが

中小企業オーナーにとって、現在安定的で最も節税効果の大きいものは、この役員退職金支給ではないかと。

それだけ効果が大きいのであれば、より多くの金額の役員退職金を支給したい。

では、いくらまで役員退職金を支給してもよいのでしょうか?

結論は、「いくらでも好きなだけどうぞ」というもの。

その会社の業績や退職した役員の功績に応じて妥当と思う金額を株主(オーナー)が承認すれば良いだけです。

その人の功績について、金銭的な評価を税務署が行うことはできません。

しかし、役員退職金について税制上無制限にその損金算入を認めてはおらず、節税メリットを考慮すると、実際に支給される役員退職金額は税制上認められる上限額に”引っ張られる”ということが多いといえます。

そこで、今回は、役員退職金の税制上の取扱いと法人税法上の損金算入上限額という”底なし沼”に、ちょっとだけ踏み込んでみようと思います。

続きを読む

税務調査で揉めない領収証発行3つのポイント

receipts-1372961_1280

現金や手形小切手で売上代金をもらうと領収証を

売上の入金の大半が振り込みで、たまたま現金などで入金があった時に領収証を発行する会社では、意外と正しい領収証の取り扱いを理解していないこともあります。

この現金入金について発行した領収証というのは、税務調査で意外と問題になることが多いので、その正しい取扱いをまとめておくことにします。

続きを読む

税理士によるセミナーでウケるテーマ・ウケないテーマからみる税理士が社長から求められていること

用心棒[東宝DVD名作セレクション]

社長は税理士に何を求めているのか

中小企業の「全体最適による安定成長」を支援する私の場合、税務のみならず、その施策が企業経営にどんな影響を与えるのかを考えながらアドバイスをさせていただくため、税務以外のことも知識習得し、それをセミナーや書籍、そしてこのブログなどを通じてお話してきたつもりです。

当然、それらには「社長にウケるテーマとウケないテーマ」があります。

そこで今回は、それらを見ることで「税理士は社長から何を求められているのか」について考えてみようと思います。

というか、この記事自体、ウケ狙いです。

続きを読む

本当の目標利益達成売上高を計算する5つのステップー生きた利益計画に必要なもの

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-18-45-39

目標利益を達成するための売上高を算定するというが

損益がトントンになるために必要な売上高である「損益分岐点売上高」。

損益分岐点売上高=固定費/限界利益率となり、この固定費に目標利益額を加えれば、その目標利益を達成するための売上高も計算が可能です。

しかし、実際には、その売上高を上げれば目標利益が達成できるかというとそうはいかないことがほとんどです。

なぜ、そうなるのか?

今回は本当の目標利益達成売上高の算出方法とその目標利益をベースにした利益計画策定のポイントについてまとめておこうと思います。

続きを読む

税金を滞納するとどうなるのか?税務署の差押などの滞納処分をなんとか待ってもらうには

taxes-1060138_1920

税金は期限内に納税するのが当然だが

当たり前ですが、税金は期限内に納付をしなくてはなりません。

法人税や所得税などは、本来利益の一部を税金として納めるのものです。

それであれば、利益分だけ手許のお金も増えているので、納税に困ることはないはずです。

しかし、現実には法人税や所得税の課税対象となる所得は「発生主義」により計算がされるので、利益は、売掛金や在庫または設備投資などに姿を変えていることが多く、預金として利益がそのまま残っているわけではありません。

また、消費税や源泉所得税も本来は人様からお預かりしたお金であり、会社にプールされているはずですが、実際には特に資金繰りの厳しい会社ほど、日々の資金繰りに使われてしまい、手許には残っていないことも多いでしょう。

そのため、税金を払おうにも手許にお金がなく期限内に納税ができないということもあります。

では、会社が期限内に納税ができないとどうなるのかとそんなときはどんな対応をしたら良いのかをまとめておくことにします。

続きを読む

投資信託の運用成績のブレ幅を予測するー平均リターンと標準偏差

1

リスクは失敗する可能性の高さではなく不確かさ

一般的に「リスクが高い」というと主に「失敗する可能性が高い」という意味で用いられます。

しかし、ファイナンスでいう「リスク」は危険度ではなく「結果の不確かさ」のことなのです。

つまり、結果が予想できないものほど「リスクが高い」ということになります。

この結果の「ブレ幅」が大きいほど、結果を予測し投資をする人にとってみれば厄介なものであり、どこまで損失が生じるのかがわからないということでは、なかなか投資をする気にはならないでしょう。

ただ、投資信託あれば、投資をした時に最悪どのくらいまでの損失を見込めば良いのかはある程度予測できるようになっています。

そこで、今回は、投資信託の投資結果のブレ幅はどのようにすれば予測できるのかを見ることにします。

続きを読む

社長一人の法人でも企業型確定拠出年金に加入は可能だがメリットはどれくらいなのかキッチリ検証してみました

tax-468440_1920

一人法人でも企業型確定拠出年金への加入は可能

掛金は全額所得控除などの対象になり、運用益も非課税で、さらに受け取り時には退職所得や公的年金となるなど税制上の恩典の多い確定拠出年金。

自営業者や中小企業経営者は、本来「個人型」と言われるものに加入することが想定されています。

しかし、実際には、社長一人しかいない会社であっても、「企業型」と言われる確定拠出年金にも加入することも可能なのです。

そこで、今回は、個人型と企業型の比較と実際に社長一人でも企業型確定拠出年金にする意義はあるのかをまとめてみようと思います

続きを読む

【記載例】マイナンバー対応:平成28年度扶養控除等申告書の書き方

スクリーンショット 2015-08-13 14.53.18

平成28年度よりマイナンバー記載欄が追加されています

主たる給与の支給者(会社)は、その従業員から扶養控除等申告書や保険料控除等申告書の提出をしてもらいます。

本来、扶養控除等申告書はその年の最初の給与の支給までに提出されるべきものなのですが、中小企業の場合には、保険料等控除・配偶者特別控除申告書と一緒に年末調整時に提出をしてもらうことが多いのではないでしょうか。

平成28年度より扶養控除等申告書には「原則」としてマイナンバーを記載しなくてはならず、そのマイナンバー記入欄が増えたこともあり、様式が変わりました。

実際には、それほど差はないのですが、戸惑う方もいると思うので、記載例をこちらに記しておくことにしようかと。

なお、今回の扶養控除等申告書の書き方は、最終的には年末調整ソフトにより処理をするためのインプットシートとして従業員に記入をお願いすることを前提としております。 続きを読む

法人税の節税より消費税の節税を考えなくてはいけない3つの理由

tax-1351881_1280

節税を考えるなら法人税ではなく消費税では?

巷でいわれる「節税」というのは、主に法人税が対象となっているでしょう。

ただ、よく考えてみると、実は、法人税の節税以上に消費税の節税のほうを考えたほうが良いのではないかという気もします。

そこで、今回は、なぜ、法人税の節税よりも消費税の節税を考えなくてはいけないのかという3つの理由を見ていこうと思います。

続きを読む