もう「簿記は要らない」でもいいから、せめてこれだけは覚えよう

2015-06-09 18.13.06

やっぱり簿記はコスパの高いスキルだと思うんだが

税理士や会計士といった職業会計人が書いた本を見ても

「簿記など必要はない、決算書さえ読み解ければ良い」というものと

「ビジネスの根本を理解するのには簿記は重要」というものと

2つの意見に大きく分かれています。

私は、完全に後者であり

・その経済行為が会社の財政状態にどんな影響を与えるのか

・何をすればより利益が増え、お金が残るのか

・怪しい節税提案のどこがおかしいのか

を知るためにも簿記はすごく役に立つ、
修得する労力の割にコストパフォーマンスの高いスキル
だと思っています。

ただ、覚えるのが面倒で退屈な簿記のルールを
「覚えたほうがいい」というのと
「覚えなくても大丈夫」というのでは
どうしたって「覚えなくても大丈夫」というほうが耳障り
は良いわけで、そっちの方がずっとウケがいいんですよ。

職業会計人であれば、「簿記なんか知らなくてもいい」と
言っている人だって、当然簿記は知っているし、
職業会計人でなくてもビジネスの仕組みをきちんと
理解している人ほど「簿記は大事」って言ってるんですがね。

例えば、マイクロソフト日本法人元社長の成毛眞さんは
「英語よりも簿記の知識が必要」とおっしゃってるし、
株式会社経営共創基盤代表取締役CEOの冨山和彦さんも
著書の中で「簿記の発想はあらゆる経営数値を理解するうえで
の根幹になるもので、わかって損をすることは1つもない」
とおっしゃっていますし。

スポンサードリンク

複式簿記の基本はここで学べ

ただ、いくら「簿記は大事」だと言っても多勢に無勢。

実際、退屈です。

私も、わかりやすく簿記の仕組みを本に書こうとして
あまりのつまらなさに、そこだけカットしたことが
何度もありますからね。

これじゃ、売れないと。

だから、本気で会社の数字に強くなりたい人以外には、
もう「簿記をやれ」とはいいません。

そういう人は「簿記は要らない」でいいですわ。

ただ、せめて社会人ならこれくらいは知っておいて欲しい
のが「複式簿記の基本」の部分。

そこだけは、覚えておいて絶対に損はないと思います。

じゃあ、それはどこで学べばいいのか?

この本の第二章「会計の仕組み」だけ覚えましょう。

2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 会計の基本を学ぶ

ただし、一回読んだだけじゃダメ。

2015-06-09 18.12.42

何度も何度も読んで、実際に会社が行った経済活動が

「利益を増やすのか」
「利益を減らすのか」
「利益ではなく何に変化をもたらすのか」

をきちんとロジックとして説明できるようになってください。

その上で、もし、あなたがこれから経理部に配属になるのであれば
4章以降の経理実務のパートも読んでみてください。

あれ?よく見たらこの本の帯にも
「簿記がわからなくても経理の実務ができる!決算書が読める!」
ッて書いてあるな。

それが、大人の世界ってやつですかね。

まあ、そもそもこのシリーズ。

絶対に2時間じゃ読めません

書いた本人が言うんだから間違いないです。(汗

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ
2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ