謹んで訂正致します

起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
読者の方から早速
著書にミスがあるのではという
ご指摘を受けました。
ここで謹んで訂正させて頂きます。
またご指摘頂いた○○さんに
この場を借りて御礼申し上げます。
<訂正箇所>
P38 5行目
× 労働分配率はきわめて低い
○ 労働分配率はきわめて高い
要するに、申し上げたいことは
理容業は労働生産性がきわめて低いということです。
ただ、労働分配率が高い=評点が低い
では、イマイチイメージがわきにくいかも
知れません。
思い切って
「労働分配率はきわめて悪い」と
平易に書いた方が良いかもしれません。
税理士・会計士が何人もかかって
ゲラチェックをしたのにすり抜けてしまいました。
前作は、「訂正箇所が非常に少ない」と
出版社から褒めて頂いたのに、今回は
ヤバそうですね。
増刷時に修正致しますので、早く増刷になるよう
皆さん買ってください。 [emoji:e-263]

謹んで訂正致します” に対して2件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    北千住店というマイナーですが、ちゃんと平積みになっていました。
    買ってから気づいたのですが、帯がないんですね。本のヘビーユーザーとしては助かります。折れたり、なくなったりするんで。後、ハードカバーの”しおり”なのか、紐がついているのも、早く全廃して欲しいです(笑)。
    最近は、経営アイデアノートにちょこちょこ気になるところを書き写しています。
    明日、実行したいヒントが満載です。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>ニタさん
    おはようございます。
    差し上げたのにわざわざご購入
    頂きまして、本当にありがとうございます。
    今日の記事をご覧頂ければ
    分かりますが、北千住店は
    私が言ったときはあまり
    扱いが良くなかったんです。
    ひょっとして、「よろしくお願いします」
    って挨拶したのが効いたのかも
    知れませんね。[絵文字:e-263]
    帯は、おっしゃるとおりで
    ロングセラー狙いの本では
    つけないそうなのです。
    著者としては何となく寂しいのですが
    長い時間置く本の場合、帯が
    切れて売上が落ちてしまうらしいのです。
    カバーデザインを見ても、
    まあ、堅実というかロングセラー
    狙いという感じですものね。

コメントは受け付けていません。