【ボツ原稿】「仕事の達成感の感じ方」ごとに仕事を用意する(2)

もちろん、その人たちがストレスを
できるだけ感じず仕事ができるような工夫は必要です。
その人たちには、無理なく仕事ができるように、
仕事をスキルレベルに応じて
無理なく仕事ができるように仕事を分解する
「モジュール化」をします。

スポンサードリンク



その上で「詳細な手順」と
作業終了時の「ゴール」をきちんと明示するのです。
一方で仕事を任されることによって
モチベーションがアップする人には、
「仕事の目的」と「ゴール」、「デッドライン」だけを
指示して後はとやかく言いません。
これぞ「起業家視点」にたった「適材適所の発想」だということ。
ミュージシャンが楽器それぞれの持ち味を合わせて
一つの楽曲にするのと同じです。
「メンバーが全員ドラムのバンド」など成立しないでしょう。
チーム全体のモチベーションを
上げたいというのであれば、
「仕事の達成感の感じ方」ごとに
仕事を用意することが必要です。
★ポイント:なにをもって仕事の達成感を感じるかは
人それぞれ。
「仕事の価値観」を強要するより
その人に合わせた「仕事の仕組み」を与える

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を