【ボツ原稿】「仕事の達成感の感じ方」ごとに仕事を用意する(1)

■学ぶべき起業家視点:適材適所でモチベーションをコントロール
人に仕事を頼むようになって今さらながら知ることがあります。
それは「人それぞれである」ということ。
こんな当たり前のことですが、
意外に優秀な人ほどこのことを忘れがちなのです。
つまり、周りで働く人をすべて「自分のコピー」
にしようとしてしまうのです。

スポンサードリンク



おそらくこの本を読まれるようなあなたは、
「今の自分から少しでも成長したい」と
考える向上心旺盛な方でしょう。
そのような人は、私も含めて
「誰がやっても同じ答えが出るような
仕事が苦手ではありませんか?」
むしろ、前例のない仕事を成し遂げたり、
自分のオリジナリティが発揮できる仕事が
成就したりした時に、「充実感」を感じるはずです。
そういう人は、「周りの人もみんなそうであるはずだ」と思っています。
それで、そのための行動をしない人は、
「まだその喜びがわかっていないのだ」
という理解をしているのです。
確かに、そういう場合もあります。
私が所属するLLP(有限責任事業組合)という
ネットワーク組織の中にも、
新たなことにチャレンジする際には、
必ず「自分にはムリだ」と言いイヤイヤ取り組んだものの、
いざやり始めると、一番「仕事の達成感」を感じるメンバーもいます。
しかし、中にはそうでない人も多いのです。
「ゴールの見えない仕事」で悶々とするよりも、
どんなに大量で単調な処理であっても
「ゴールの見える仕事」を好んで取り組むのです。
そうです、世の中には、あなたの嫌いな仕事で
「仕事の達成感」を感じる人がいるのです。
そういう人たちに、無理やり
「自分と同じようになれ」と教育研修をしても
決してモチベーションは上がりません。
その人たちだって、単調でも「ゴールの見える仕事」で
「仕事の達成感」を十分感じ、
一日の終わりには「おいしいビール」を
飲んでいることを感じ取った方が良いのです。
<モチベーションごとの仕事区分イメージ例>
つまり、「自分のコピー」を作り出すことに
情熱を燃やすよりも、
「ゴールの見える仕事」が好きな人には
そういう仕事を用意してあげた方がお互いのためなのです。

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を