日経トップリーダープラチナ会員「トップの情報CD」で「まずは損益分岐点を把握せよ」という話をしています

日経BP「トップの情報CD」で今月も登場です

日経BP社では、中小企業オーナー向けの会員組織として「日経トップリーダープラチナ会員」の運営をしています。

そのメンバー向けに、一流の経営者の話が直接聞ける「プラチナフォーラム/経営者懇親会」、社長のための実務セミナー「社長力アップ講座」、各種のプロフェッショナルが登壇する「経営セミナー」などが定期的に開催されています。

その「経営セミナー」のダイジェスト版をはじめと社長が知っておきたいホットな情報を一枚にまとめた「トップの情報CD」が、日経トップリーダー本誌とともに会員にお届けされるのです。

その「トップの情報CD」で冒頭に毎月のトピックなテーマについて話をするレギュラーコメンテータを務めさせていただいております。

今月のテーマは「損益分岐点」

今月は、「まずは損益分岐点を把握せよ」という話。

コロナ禍で稼働率に制約があることで同じ業種であっても大きくダメージを受けた会社とそれほどでもない会社があります。

その原因はなにか?

さて、事業計画を立てる際に目標売上高を軸にしてそれを実現するための販売計画、人員計画、資金調達計画などを立てるはずです。

その売上高を知るためには、まず「最低限赤字にならないためは、いくら売上高が必要なのか」を把握してみることが大切です。

今回は、その赤字にならないための損益分岐点、そして固定費と限界利益率から自社のビジネスの利益構造を知ろうという話をしています。ご興味があればお聞きになってみてください。

セミナー音源No.5:社長のための会社の数字の読み方・作り方超入門(管理会計編)

インフィードモバイル

あなたのその節税、お金をドブに捨てているだけですよ

アライアンスLLPセミナー
「やってみてわかった!ホントに得する節税」

「損金にしながら簿外にいつでも使える財布を作る」 
「減価償却は支出もないのに損金になるお得な経費」
「生命保険を活用し節税しながら企業防衛」

そんなのみんなウソだからw。「どこかにみんなが知らない節税方法があるはず」と探し続ける「節税名人」気取りほど節税の罠にハマるのです。

我ら「クソ節税バスターズ」がそんな巷の無意味な節税を一網打尽に斬り捨ててやりましょう。