【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎7ー「セーフティネット保証」

セーフティネット保証とは、
取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、
取引金融機関の破綻等により経営の安定に「支障」を
生じている中小企業者について、
保証限度額の別枠化等を行う制度です。
具体的には、無担保保証8,000万円、有担保保証2億円が
まるっきり別枠で実施されるので、通常の保証枠が
丸々2倍になるようなものです。

このセーフティネット保証が利用可能な「支障」
について1号から8号の例示がされています。
その中で最近注目されているのが
5号「業況の悪化している業種」に対するものです。
(ただ、この業況の悪化している業種が
すでに760業種を超えていますが。)

スポンサードリンク



この業種の中で売上高が前年対比で3%以上下落しているなどを
市区町村が認定するという一定の要件を満たすことで
セーフティネット保証を利用することができます。
このセーフティネット保証の利用には、
金融機関は非常に積極的
です。
なぜなら、通常の保証が焦げ付きの80%しか保証しない
「部分保証」であるのに、このセーフティネット保証は
焦げ付きの全額を補填する「全部保証」だからです。
(その他にも、後日説明する「リスクアセットへの算入が0%でよい」
という恐ろしく銀行が喜ぶアメが与えられています)
ただ、保証協会もバンバン保証をしているかというと
そうではありません。
過去に「金融安定化保証」として無担保での別枠保証を
かなり積極的にしたところ、多額の焦げ付きが発生し、
多くの批判をくらったというトラウマがあるためか、
今回の保証には慎重になっています。
そのため、金融機関の「貸し渋り」ではなく、
保証協会による「保証渋り」が問題となっているのです。
そのため、融資申込み件数が爆発的に増えているのに、
保証協会が審査に慎重になっているため、
このセーフティネット保証は、一部の会社でかなり実行まで
時間のかかるものになっています。
ご利用を検討なさる方は注意が必要です。
また、中には、自分が貸した「プロパー資金」
をどさくさにまぎれてこのセーフティネット保証に
振り替えてしまおうという金融機関もあります。
(「既存の借入と新規借入をまとめて一本化しよう」
という提案は、その効果を慎重に見極めましょう)
金融機関の言いなりになるのではなく、
きちんとした知識を持ってベストな資金調達を
するようにしたいものです。

インフィードモバイル

あなたのその節税、お金をドブに捨てているだけですよ

アライアンスLLPセミナー
「やってみてわかった!ホントに得する節税」

「損金にしながら簿外にいつでも使える財布を作る」 
「減価償却は支出もないのに損金になるお得な経費」
「生命保険を活用し節税しながら企業防衛」

そんなのみんなウソだからw。「どこかにみんなが知らない節税方法があるはず」と探し続ける「節税名人」気取りほど節税の罠にハマるのです。

我ら「クソ節税バスターズ」がそんな巷の無意味な節税を一網打尽に斬り捨ててやりましょう。

【資金調達】資金調達用語・基礎の基礎7ー「セーフティネット保証」” に対して2件のコメントがあります。

  1. 《緑の葉》 より:

    SECRET: 0
    PASS: 14e1b600b1fd579f47433b88e8d85291
    シリーズ化していますが
    やはり【資金調達】関連の御本を出版予定なのでしょう。
    さすが!ベストセラー作家!
    いよいよ明後日 映画「ハゲタカ」上映ですね。
    地元の映画館では、上映されないので
    沼津まで行って、観てこようと思っています。

  2. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >><<緑の葉>>さん
    資金調達はすぐ状況が変わっちゃうので
    書籍向きじゃないんですよね。
    地味で売れないし(汗
    ハゲタカはどこかでみようかと。
    仕事さぼって(笑

コメントは受け付けていません。