「はじめての人にもわかる金融商品の解剖図鑑」が重版されました

おかげさまで2年半経ってなんとか重版

2018年4月にかんき出版さんから発刊された「はじめての人にもわかる金融商品解剖図鑑」が2年半経ってなんとか重版(2刷)となりました。

コツコツと売れて在庫がなくなっていたところに、ちょうど某大学の通販事業部さんがまとめて購入してくださることになったおかげのようです。

まだまだ部数的にはわずかですが、「初版止まり」と「重版」では、相撲の勝ち越しと負け越しくらい違います。

これでまた、”打席”には立てそうです。

おかげさまで監修を含めて17冊の本を出しましたが、「初版止まり」は2冊のみ。

平均の重版率2-3割と言われる中で、9割近い重版率は、”ホームラン”は打てないけど確実に”出塁”はしているのかなと自負しております。

紙のビジネス書が売れない時代に、多くの方々に支えられていることに感謝しています。

今までどうもありがとうございました。

そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ああ、投資についての普遍的な法則を書いたつもりなので、2年半経って見返してみてもそんなに修正すべき点はなかったのですが、この図版はなんとも微妙になりましたね。

セミナー音源No.15:社長のための資産運用戦略

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を