オンラインセミナー配信は快活クラブが最適|鍵付き完全個室プランという理想的な環境

コンテンツの配信はオンラインがベースに

もう15回も毎年開催しているアライアンスLLPによるセミナーも昨年よりコロナ禍への対応としてオンライン化をしました。

当初は、やむを得ない方策としてのオンライン化でしたが、今や会場開催はイベント的な集まりに意義のあるケースで行う特別なものであり、通常のコンテンツを提供するためのものであれば会場開催よりもオンラインのほうが優れているという結論に達しました。

実際、集客についても料金を引き上げたものの会場開催の時よりも多い150人以上のお申込みをいただくことになり、参加者の方もオンラインを支持されたのではないかと。

ただ、確かに、オンライン配信であれば、登壇者がそれぞれ自宅や自分のオフィスから配信をすることが可能です。

しかし、家族や別のスタッフが居る場合など、長期間オンラインでの配信を行うのには適していないケースもあります。

では、そんなときには、どこから配信をすればよいのでしょうか?

今回は、「ここからオンライン配信したら快適だった」という話をしようと思います。

快活クラブの鍵付き完全個室プランというオンライン配信に最適な空間

昨年度のセミナーは登壇者4人共各自の自宅やオフィスからの配信としたのですが、私はセミナー後の「オンライン反省会」でご飯を食べるため、いつもお世話になっている日本料理店からの配信をしました。

借りたポケットWifiは今ひとつスピードが上がらず、スマホのテザリングで配信を行っても特に問題はなかったのですが、昨年の85人の2倍近くの人数となるとテザリングではちょっと不安。

お店のLANにつないでみたものの光通信ではなかったので十分なスピードも出ません。

じゃあ、どうしようかということで、直ぐ近くの快活クラブが「鍵付き完全個室プラン」をテレワーク用に推奨していたことを思い出し、相談してみました。

結論は、完全個室のため、防音もしっかりしていて大きな声を出しても大丈夫。カラオケボックスでも同じようなことはできますが、こちらのほうが周りの音が気にならず、ずっと集中できます。

Wifiの通信スピードは周りの利用客が多いのか10Mbpsと使い物になりませんが、有線LANなら440Mbpsも出ます。これならば150人規模のオンライン配信であったとしても、通信スピードがボトルネックになることはまずないでしょう。

ただ、画面がオンラインゲーム用なのかデカすぎて、WEBカメラを取り付けるいい場所がないので、自前のノートPCを使うことになりました。

残念ながら私のノートPCにLANケーブルをしても変換コネクタがボトルネックになっているようで90Mbpsしか出ません。

それでも150人がZoomを同時に利用しても通信は安定していたので十分といえば十分なんでしょう。

なお、店によって異なるようですが、1名用の部屋もあります。

今は、できるだけ蜜を避けるために一人ひとりで部屋を借りたほうが良いでしょう。

料金的には、私たちは2人用のVIPルールを一人ずつ利用し、予約をする場合には6時間以上しかできなかったので、6時間プランで4,220円(税込)でした。1人用の部屋があるところや予約をしないならもっと短い時間の利用も可能なのでさらに料金は安くなるかと。

いずれにせよ、わざわざセミナー会場を借りて配信をするよりもずっとリーズナブルです。

私は自分のパソコンとWEBカメラを使いましたが、大画面のディスプレイにWEBカメラや照明のレンタルもされ、MicrosoftOfficeもインストールされているので、それこそ投影ファイルさえつなげれば手ぶらで来て配信も可能です。

快活CLUB【鍵付き完全個室限定】

ただ、撮影用のビデオカメラなどの器材を入れるのは難しいです。というか、そもそも撮影用の器材とか要りますかね?

参加者に情報を伝えるのであれば、レジュメを中心にして画面共有したほうがいいので、それならばZoomの機能でできるし、わざわざ一箇所に集まる理由もないですから。

コロナ禍が収束し、登壇者が集まって打ち上げができるようになったとしても、各自快活クラブの個室から配信したほうが良さそう。

もう「会場開催とできるだけ同じことをオンラインで再現する」という視点から離れて「いかに合理的に必要な人にコンテンツを伝えるのか」という視点でセミナーを構築したほうが良いのではないでしょうかね。

セミナー音源No.20:単独指名されるための情報発信と書く技術

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を