【御礼】「会社の数字に強くなる!」が重版され251,700部となりました。

意外と分かっていない人のための 会社のお金の常識41 (マジビジPRO)

「会社の数字に強くなる!」のコンビニ版が再度重版

ディスカヴァー21さんから出していただいた「会社の数字に強くなる」が増刷され17刷189,700部となったようです。

これで、この本の書店版「意外とわかっていない人のための会社のお金の常識」(6刷62,000部)と合わせて251,700部になりました。

そうですか、とうとう250,000部を越えましたか。

スポンサードリンク

ビジネスパーソンの基礎教養として

この本は、忙しいビジネスパーソン向けに「売上高と原価と利益の基本的な考え方」「ここだけは知っておきたい決算書入門」「今さら聞けない新聞の経済用語の意味」など基礎教養としての会社の数字を図解だけを見てもわかるようにと書いたものです。

「図解大好き」なので、今後も図解本は手がけていきたいなと。

もう発売から5年半も経つのですが、まだ堅調に売れているようです。

書いてあることは普遍的なことなので今読んでも本質は変わっていないのでしょう。

コンビニの雑誌コーナーや縮小方向のようではありますが、それでもコンビニでビジネス書がこんなに売れるとはおどろきです。

ひとりでも多くの方に「数字でものを見る力」をつけていただければうれしいです。

2015-07-25 10.59.10

これまで、多くの方にお読み頂き、誠にありがとうございました。

重版分は、10月上旬からローソンとファミマの主要店で販売されるようなので、もし見つけたらお手にとって見てください。

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を