【インタビュー】日経産業新聞:仮説を立てて推測、即答力を鍛える。「フェルミ推定」は単純思考がカギ


(画像は日経産業新聞サイトより拝借)
12月9日の日経産業新聞に私のインタビュー記事を
掲載していただきました。
テーマは仮説を立てて推測、即答力を鍛える。
「フェルミ推定」は単純思考がカギ

実は、このインタビューは、
フェルミ推定を世に広めた細谷功さん
ご紹介いただき実現したものです。
(もちろん、細谷さんも登場しています)
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
日本経済新聞社様、細谷さんありがとうございました。

スポンサードリンク



詳細は、日経産業新聞を読んでいただくとして、
要旨は、私はフェルミ推定を「企画の一次面接官」として活用している。
具体的には、経営に必要な
1.マーケティング(集客・顧客創造)
2.オペレーション(商品・サービス提供)
3.バックオフィス(資金回収・資金調達)
のうちボトルネックに照らして、立てた経営計画に妥当性があるかを検証している。
一例を挙げれば、有名ティーティングプロによる会員制ゴルフスクールの
関東進出に際し、コストから求めた損益分岐点売上高、
目標達成売上高が実現可能なものか、マーケットサイズからの
合理性を検証した。
その際のマーケットサイズについては、高額の会員制ゴルフスクールへの
入学を希望する層はコアなゴルフファンであることから、
「ゴルフ雑誌の購読者である」可能性が高い。
そこで、ゴルフ雑誌の読者数×エリア内人口比率×富裕層人口比
という仮定計算式により、マーケットサイズのフェルミ推定をした。
そのマーケットサイズと競合相手の数から目標シェアを算出、
その結果、マーケットサイズがこの計画のボトルネックとは
なりえないことを確認できた。
以前は、まずは「調べる」という作業に取り掛かっていたが、
フェルミ推定によって、物事を「因数分解」して考えるようになった。
おかげで、「自分の努力で改善できる項目」と
「どうにもならない項目」がはっきりし、
力点を置くポイントが見つけやすくなった
という話です。
ついでに話をしたのがパーソルな利用方法。
実は某アルファブロガーが作ってくれた
amazonの売上ランキングが一時間ごとに記録されるプログラム
(毎日AM6:13にメールが着ます)から、自分の本の全体の
売上数量をフェルミ推定している。
それで、そろそろ3刷りになると思ったら、
ちょうど出版社から連絡が来たという話も。
ただ、計算上は、もう4刷りになっているはずなのに
まだ連絡はないんですけどね。
って、ここまで話してあの紙面。
ご興味のある方、日経産業新聞をお手にとって頂ければ幸いです。
なお、日経ネットPLUSで会員登録(無料)をしていただければ、
お読みいただくことも可能になります。
日経産業新聞の有用な記事が盛りだくさん。
これを機会に是非ご登録を!
【編集後記】
日本経済新聞社では、「澤」の字が使えないので代わりに「沢」を
使うそうです。
新聞社、出版社によって、使える文字に違いがあるんですね。

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を