【執筆】「企業実務」に資金調達関連の記事を執筆致しました。

z201104b-120.jpg
3冊の書籍執筆をさせて頂いている日本実業出版社さんが発行する
月刊誌「企業実務」に資金調達関連の記事を執筆させていただきました。
テーマは特別記事「2011年度の銀行取引戦略を検証する!」の中での
「保証協会・政府系金融機関との付き合い方」というもの。
景気対応緊急保証終了後の保証協会の姿勢や
日本政策金融公庫の不思議な特性など

について書かせていただいております。

スポンサードリンク



実は、この記事のオファーを頂いたのが1月。
記事自体、書き慣れたテーマなので全く苦労はなかったのですが、
この時点ではまだ景気対応緊急保証が終了した後の保証協会の
動向については全くもって不透明な状況でした。
それで、仮原稿を1月中にアップし、その後新たに判明した変更点を
訂正することにしたところ、その後順次変更点が判明し
難なく訂正が出来たと安心していたものが、
あの地震でさらに大きな改正が。
さすがにその部分は変更できませんでしたが、
保証協会の姿勢や政府系金融機関との付き合い方の本質は
この記事に記載されたままです。
ご興味がある方は、どこが変更しきれていないかも
合わせてお読みになってみてください。

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を