Ctrl+X,C,Vの次に覚えたいショートカットキー5選

スクリーンショット 2015-06-13 21.39.37

生産性を上げるには使用頻度の高いものから省力化を

やるべきことが山のようにある中で、時間的な自由を得るためには、
生産性を高めて、同じ作業であればできるだけ短時間で終えたいもの。

その生産性を上げるのに効果が大きいのは、
ひとつの作業時間を大きく減らす画期的な方法よりも、
実は、使用頻度の高いものについて
チョットでも時間短縮をしたほうが
トータルの効果が大きい事が多いものです。

例えば、ショートカットキーの活用。

ショートカットキーを利用することで短縮できる時間など
一回についてはせいぜい5秒程度。

ただ、それを一日に100回使えば500秒、
一月で2,000回使えば10,000秒、
一年で24,000回使えば120,000秒、
つまり年間で33時間もの時間を生み出すことになるわけです。

多くの人にとって、最も使用頻度の高いショートカットキーは

Ctrl+X:切り取り
Ctrl+C:コピー
Ctrl+V:貼り付け

の3つではないでしょうか。

今回は、この3つの次に覚えたいショートカットキーについて
話をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

汎用性があり使用頻度の高いショートカットキー5選

Ctrl+Z:操作をひとつ戻す(MacはCommand+Z)

操作をなかったものとするには、通常はマウスで戻るボタンを押します。

複数回このショートカットキーを押すことで、その回数だけ実施した
操作をしなかった状態に戻すことができます。

Ctrl+S:上書き保存をする(MacはCommand+S)

ファイルの上書き保存をする場合、通常はマウスで上書き保存ボタンを押します。

それをこのショートカットキーを使えば、マウスに手を触れることなく
適宜上書き保存が可能になります。

Ctrl+P:印刷画面を表示する(MacはCommand+P)

印刷画面を表示するにも、通常はマウスで印刷ボタンを押したり、
右クリックでそのコマンドを表示させてたら選択をします。

このショートカットキーを使えば、ワンアクションで可能になります。

Alt+Tab:今開いているものとは別のウインドを開く(MacはCommand+Tab)

複数のアプリを立ち上げて操作をしている際に、それらを
切り替えるにはその画面をマウスでクリックすることが必要です。

それが、このショートカットキーを使えば、Tabを押すことで
最前面に表示される画面を切り替える事が可能です。

Alt+F4:今開いているウインドを閉じる(MacはCommand+Q)

たくさん開いてしまったアプリを閉じるのに通常はマウスボタンで✕印を
一つ一つクリックしなくてはなりません。

しかし、このショートカットキーを使えば今開いている画面を
ワンアクションで閉じることが可能になります。

ショートカットキーは早く覚えるほど、
その使用による時間短縮の機会が
多くなる事になります。

劇的な時間短縮効果がある画期的な方法がどこかに
あるのではと探しまわるくらいなら
目の前にあるショートカットキーを積極的に活用するほうが
確実に時間短縮の成果は上がるものなんですよね。

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を