中小企業経営承継円滑化法の説明会で知ったこと

10月1日施行の中小企業経営承継円滑化法。
骨子は、中小企業の事業承継をスムーズに行うため、
1.事業承継株式について民法の遺留分に特例を設ける
2.事業承継株式の相続税について納税猶予制度を設ける
3.事業承継に必要な資金について特別な融資や保証制度を設ける

の三本柱です。
この中でも、我々税理士がもっとも関心を寄せているのが
2.の「事業承継株式の納税猶予制度」です。
多分、一般の方は全く関心がないでしょうが。

スポンサードリンク



ということで、先日私もわざわざさいたま新都心に
この制度の説明会に行ってきましたよ。
ここで「申請書のフォーマットをもらえる」と言うことだったのですが、
なんのことはない、配られたのは中小企業庁のサイトで
ダウンロードできるものと同じでした。
中小企業経営承継円滑化法申請マニュアル
当然、説明も大半は既に知っていることばかり。
まあ、その中でも私が知らなかったことが2点ありました。
1.既に株式が50%超、事業後継者に移転がされている場合、
経済産業大臣の確認がなくともこの制度が受けられること

2.「従業員数維持要件」を判定する従業員数は
「健康保険に加入する正社員数」で計算するということ

え?ひょっとして、これもすでに皆さんご存じでしたか?
というか、全く興味がないと。・・・
【編集後記】
しかし、国が作るガイドブックは金がかかっているのか、
意外と良くできています。
この制度についても「裏技」だの「魔法」だのと煽る高額情報商材が
出てくるかもしれませんが、こっちの方がきっと役立つでしょうね。
事業承継ガイドライン20問20答

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を

中小企業経営承継円滑化法の説明会で知ったこと” に対して2件のコメントがあります。

  1. 加藤厚 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    事業承継ガイドライン 20問20答
     私もこの冊子はよくできておると思っています。
    実際、事業承継のセミナーでは、皆さんにレジュメと一緒にこちらも配布しています。
    皆さん、レジュメよりこっちをよく見ていたりして[絵文字:v-12]

  2. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>加藤さん
    今度、こういうパンフレットの
    監修の話とか来るんじゃないですかね。

コメントは受け付けていません。