経営者会報にインタビュー記事を掲載していただきました。

scan-15-120.jpg
60,000人のオーナー経営者が読む
日本実業出版社の看板会員制月刊誌
月刊「経営者会報」
この月刊「経営者会報」の6月号の中で、
特集「経営基盤を強化する」
として私のインタビュー記事を掲載して頂きました。
日本実業出版社様ありがとうございました。

スポンサードリンク



具体的な内容は、昨今の世界同時不況の中、
売上が30%以上も減少する場合には
「現状を受け入れてハラを括り、いまできる方策を積み上げよ」
というものものです。
底の見えない自分の事業の閉塞感から、
とかく新規事業への進出に目が行きがちなもの。
しかし、それはまさに「隣の芝は青い」ということ。
その進出先の事業でもすでに多くの企業が
熾烈な生存競争を繰り広げています。
そのような中に不慣れなビジネスに進出して
利益を上げることができるのでしょうか。
どんなことをしても生き残ることが至上命題と
なった場合に唯一できることは、まずは現状を受け入れた上で、
今できることを積み上げるということ。
その具体的な提言については、是非本誌をご覧ください。
さて、本誌には書けなかった、世界同時不況で苦しむ社長に
私が本当に申し上げたかったことをここで申し上げましょう。
それは、「あなたのせいじゃない」ということ。
なんだか無責任なようにも聞こえるかも知れませんが、
それだけ売上が減るともう「根性論」ではどうにもなりません。
ですからこの言葉を胸に今できることを積み上げていってください。

インフィードモバイル

あなたのその節税、お金をドブに捨てているだけですよ

アライアンスLLPセミナー
「やってみてわかった!ホントに得する節税」

「損金にしながら簿外にいつでも使える財布を作る」 
「減価償却は支出もないのに損金になるお得な経費」
「生命保険を活用し節税しながら企業防衛」

そんなのみんなウソだからw。「どこかにみんなが知らない節税方法があるはず」と探し続ける「節税名人」気取りほど節税の罠にハマるのです。

我ら「クソ節税バスターズ」がそんな巷の無意味な節税を一網打尽に斬り捨ててやりましょう。