【オススメ】勝間式「利益の方程式」:勝間和代

勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
「万能利益の方程式」を表した勝間和代さんの最新作
万能利益の方程式を
利益=(顧客単価ー顧客獲得コストー顧客原価)×顧客数と分解し、
それぞれのファクターをコントロールすることで利益の最大化を
図る手法が書かれています。
間違いなく良書ですし、書評は、smoothさん
多くの方が競いあうかのごとく書くでしょうからそちらにお任せします。
しかし、この本を読むと
勝間さんのバックボーンの強固さがビンビン感じられます。
というのも論理構成のフレームワークがものすごくしっかりしている。
それもそれぞれのコンテンツに隙がない。
私も本を書く者の一人として本音を言うと、
実は文章を書くときには、主張のフレームのバランス
がとれないときが多いんです。
というのもどうしても得意分野はドンドン話がふくらみ、
若干弱いところは補強できる話も薄くなりがちなんです。
それをこれだけしっかりとしたフレームで中身のコンテンツもぎっちり
書けるというのは、
書かれていない部分の裏付けが厚いことの証拠なんです。
この本は、膨大な量のインプットと得た知識を
「どうしたら問題解決につながるか」
という視点で仮説と検証をし続けないと書けませんぜ。
そういう意味では、まるで
うまみを出すために多くの部分を磨き込んで削った
大吟醸みたいな本
ですよ、この本。

スポンサードリンク



さて、私がもう一つ着目したのは、勝間さんの出版社の選択方法。
ご自身で「書く努力の5倍の売る努力をする」と公言している勝間さんが
今回選んだ版元が東洋経済新報社
いままでお出しになったことのない出版社です。
興味があって本人に聞いたところ
「だって、今回の本のターゲットが
強いのはどう考えたって東経でしょ。」と
個人的な感想は、
今まで読んだ「勝間本」の中では、満足度はトップ。
ただ、「Google化」に感銘を受ける層と
今回の本に価値を見出す層は若干異なるというか。
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
おそらくターゲットは、今までの若いビジネスマンよりも
むしろもう少しビジネス経験の豊富な人じゃないかと。
内容は、そういうビジネスモデルやマーケットリサーチ・集客コストなどに
関する本を読み込んでいる層にも、納得の濃密度
です。
むしろ最近のライトなビジネス書がもてはやされる中では、ちょっと重いくらい。
そうなるとこの当りの本は確かに、今まで出してきた出版社さんよりも
東洋経済新報社の方が強いのも事実でしょう。
そっか、そういうことちゃんと考えるんだな~。
私なんか、「吉澤さん、次どうします?」
「何にしますかね~」って感じで
いつもの出版社にお世話になっていますから。
普通に考えると、「Google化」のマーケットよりは
今回の本のマーケットの方が残念ながら小さいはず。
それを今をときめく
勝間和代氏
そして売上を大きく左右すると言われる装丁デザインが
石間淳氏
さらに版元、東洋経済新報社が
「東洋経済新報社史上、過去最大規模の販促対応」
で挑むと、一体どんな結果になるのか、ビジネス書の著者として
大変興味のあるところです。
もちろん、ビジネス書マーケットの拡大のために
是非売れて欲しいですよ。
ああ、勝間さん、次は「税金本」をお願いしますね。
「税金本」ブームの来たのを狙ってコバンザメのように
似た装丁の本を出しますから。
間違えて買うようにね。
★★★★★
【編集後記】
「利益構造の分析」についてこんな類似書も良いんじゃなかな
「どれぐらい、勝間さんの本が良いか」のベンチマークとして(プライドなし
「ワークライフバランスをとるには、
まずは的確なビジネスモデルを選択する必要がある」
という点は極めて近いものですよ。
(すでに大量の在庫があるはずなのに、なぜか表示は3-5週間。
それでもまだamazonビジネス書部門第10位、ありがとうございます)
儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方
吉澤 大
4534043597
起業家のための「手ガネ経営」で勝ち残る法
吉澤 大
4534041144

インフィードモバイル

9割の人が間違えている「会社のお金」無料講座公開中

「減価償却で節税しながら資産形成」
「生命保険なら積金より負担なく退職金の準備が可能」
「借金するより自己資金で投資をするほうが安全」
「人件費は売上高に関係なく発生する固定費」
「税務調査で何も指摘されないのが良い税理士」

すべて間違い。それじゃお金は残らない。
これ以上損をしたくないなら、正しい「お金の鉄則」を

【オススメ】勝間式「利益の方程式」:勝間和代” に対して8件のコメントがあります。

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >おそらくターゲットは、今までの若いビジネスマンよりも
    >むしろもう少しビジネス経験の豊富な人じゃないかと。
    >内容は、そういうビジネスモデルやマーケットリサーチ・集客コストなどに
    >関する本を読み込んでいる層にも、納得の濃密度です。
    ほな、買わなきゃー、読まなきゃー、ですな!

  2. SECRET: 0
    PASS: 9ef64b51f80ea45a6fa446a2fcf7a2f3
     吉澤師匠が、卑下する程の本ですから余程の内容なんでしょうね。今日買って帰ります。
     勝間さんは最近フォトリーディングのインストラクターになられたようです。それが大量インプットの秘密でしょうね。
     私も先週フォトリを受講したので、大吟醸とはいかなくても醸造用アルコールの入っていない純米酒ぐらいの本を書きたいと思います。

  3. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>貴夫さん
    敏腕中小企業診断士には
    うまく論点がサーベイされた
    良書だと気づくことでしょうね。

  4. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>近藤さん
    ハハハ、「シャンパンタワー理論」の次は
    「純米酒理論」で新しい資金会計論を
    構築してください。[絵文字:e-413]

  5. SECRET: 0
    PASS: 5e4bfee78e5f4b244aad1a158478ef50
    吉澤さん、ご紹介ありがとうございます。
    何やらこの本も現在9万部で、10万部はまず確実のよう。
    吉澤さんも次回の本は、この本みたいなテイストでどうっすか?
    もうちょっと軽めで仕上げれば、ウケもいいかも。

  6. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>smoothさん
    おお、10万部ですか。
    すごいです。
    もうよくわからない世界です。[絵文字:e-263]
    ライト過ぎる?ビジネス書の方が
    売れる中で、こういう中身の
    濃い本が売れるとなんかうれしいですね。

  7. 加藤厚 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    税務の書籍の出版で四苦八苦している私としては、皆さんのようなテーマで書けることが羨ましいです[絵文字:v-290]
    知識の幅を広げるという意味よりも、物書きの腕を上げるために、書籍を買うことが多くなっていますが、勝間本、参考になりますね。
    この書籍も買ってこよっと[絵文字:v-354]

  8. ヨシザワ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>加藤さん
    税金本を出せる機会の方が
    はるかに貴重だと思いますよ。
    私が企画を出しても
    まず通らないですから。

コメントは受け付けていません。